富士ゼロックス複合機ベストランキング

第1位 複合機NAVI

  • 複合機NAVIは富士ゼロックス公認の正規代理店

  • 複合機NAVIなら業界最安値で一括見積もり可能

  • 複合機NAVIは導入後のメンテナンスも最高品質

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

複合機NAVIに対するみんなの口コミ

こちらから富士ゼロックスの複合機を最安値で導入できました。何をおいてもまず、営業担当のスタッフさんの対応は早くて丁寧です...
一度導入したら長く使うコピー機なので、しっかり検討したかったので、複合機NAVIの各メーカーの比較表は大変便利でした。「...
この会社は業務上、色味の再現性が高いことを重要視して複合機を選んでいました。複合機が持つ特徴も重要ですが、メンテナンスや...

コピー機ネット通販の老舗は顧客満足度もNo.1

複合機NAVIは、創業20年以上の、コピー機ネット通販の老舗です。そのため、信頼度が高く、J.D.POWER アジアパシフィック顧客満足度調査では、6年連続でNo.1を獲得しています。

第2位 コピホーダイ

  • コピホーダイは最大限に出費を抑えることが可能

  • 自動検知システムで安心らくらくのコピホーダイ

  • スピード導入を考えているならコピホーダイ

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

コピホーダイに対するみんなの口コミ

なんといっても早くて安いのが魅力です。しかも、月額費用の中にコピー用紙やトナー代など、全てコミコミで入っているので分かり...
会社を設立して最初にコピー機の相談に乗ってもらっていたはずなのに、気づけばオフィスの設営やレイアウトまで提案してもらって...
富士ゼロックスのコピー機を導入することは決定したものの、リースかレンタルか、どちらがうちの会社に合っているのかが分からな...

コピホーダイはトータルプロデュースだから便利

運営するスターティアは、複合機やIT関連機器はもちろん、サーバーネットワーク構築、ブロードバンド化、モバイル活用からオフィスの設営・施工、レイアウトまでトータルプロデュースしています。

第3位 東京複合機

  • 複合機を熟知したエンジニアが細やかなサポート

  • 最短当日中に修理・修旧してくれる東京複合機

  • 東京複合機ではコピー機の修理費用を抑えられる

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

東京複合機に対するみんなの口コミ

色の再現性では業界一と謳われる富士ゼロックスの複合機が、格安で導入できるというので利用しました。ちょっと不安だったのです...
専門のエンジニアの方が、丁寧に導入からサポートまで対応してくれるのがよかったです。また、一人の人が担当でついてくれるので...
「推奨印刷枚数を踏まえて複合機を導入するとトラブルが少ない」など、複合機専門のエンジニアならではのアドバイスで、導入の相...

SHARPの複合機を専門にした東京複合機

資格を保有した認定エンジニアが、コピー機・複合機の販売から修理、保守までを担当する、SHARP複合機の専門会社です。

第4位 ドリームオフィス

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

小回りの利く会社・ドリームオフィス

機動力に重きを置いた会社で、少人数で小回りを利かせた営業をしています。そのため、利用者の要望に迅速かつ丁寧に対応することができます。

第5位 OAランド

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

創業32年の信頼と実績を持つOAランド

新品・中古コピー機・複合機の販売・レンタル会社として、創業32年という長い時間における信頼と実績を持っています。

複合機を格安で利用するポイント

色見本
購入するとなると、新車が一台買えてしまうくらいの複合機。リースやレンタル契約を使う手もありますが、どうせなら格安で利用したいものです。

ごく基本的な機能しか使わないのであれば、必ずしも最新モデルを使う必要がないかもしれません。そんな時は、中古機種を選んでみてはどうでしょう。最新機種は本体価格だけで数十万円から二、三百万円することもありますが、中古ならば十万円台で購入できる場合もあります。ゼロックスの複合機は人気が高いので、中古機種として宣伝しているのをよく見かけます。在庫一掃セールや事務所開設キャンペーンなど、期間限定のセールを利用するのも手です。また、新機種の発売を記念した特別キャンペーンが催されることも。どうせなら最新機種を使いたいですよね。お得な情報を見逃さないよう、複合機販売会社のウェブサイトや、コピー機の情報ポータルサイトは、こまめにチェックしておくと良いでしょう。

格安、とまではいきませんが、ちょっとした工夫で日々のランニングコストを下げることができます。例えば、書類を複合機でスキャンしパソコンに送ることで、無駄なコピー枚数を減らせます。富士ゼロックスの複合機では、認証機能を使って、部署ごとに印刷枚数を制限できます。一見地味ですが、日々の無駄なコストを少しでも抑えていくのが、一番堅実な節約方法です。このように常に情報のアンテナを張っていれば、初期投資もランニングコストも抑えることができます。

複合機を選ぶ際のポイント

スキャナー
一口に複合機といっても、最近はメーカーのラインナップも豊富です。昨日も非常に充実しており、もう単なる「コピー機」ではありません。今回は、どの複合機を選んだらよいかのポイントをご紹介しましょう。

すべてのオフィスでカラープリントが必要とは限りません。多くの場合、書類はモノクロ印刷で十分なのではないでしょうか。そのような場合は、モノクロ専用機を選択するのも手です。メインで印刷やコピーするにはモノクロ複合機を使い、カラー印刷が必要な場合は、安いカラープリンターから印刷するといいでしょう。富士ゼロックスの複合機ならば、カラーもモノクロも、豊富なラインナップが揃っています。カラー印刷がどれだけ必要なのか、というのがまず選択ポイントとなるでしょう。印刷スピードも重要です。複合機のカタログに、「○○枚機」というカテゴリー分けがされていることがあります。これは、1分あたり何枚印刷できるか、という数字です。業務で印刷する資料のページが多くなる場合は、なるべく印刷スピードが早い機種を選ぶと良いでしょう。富士ゼロックスでは、毎分30枚から、70枚可能な機種まで、幅広いラインナップが揃っています。複合機のデザインやサイズ、使い勝手も重要なポイントです。設置しようとしているオフィスを見回して、どこに複合機を置いたらしっくりくるか、まず想像してみることをお勧めします。スタッフが集まりやすく、それでいてスタッフの動線を遮らないところ。そんな場所を見つけたら、購入しようとしている複合機が、その場所にきちんと収まるかどうかを考えてみてください。

複合機がトラブルで停まってしまったら、業務も停まります。問題が起きた時の保守対応もチェックして置いた方が良いですね。また、メーカーによっては、遠隔監視サービスの契約があります。販売会社のシステムで自社の複合機を常に監視してくれるので、トラブルが発生した時にも迅速に対応してもらえます。ゼロックスの「EP-BB」というサービスでは、消耗品や定期交換部品がなくなりそうな時に、電話で依頼しなくても自動で配達してくれます。複合機のスペックや費用だけでなく、設置するオフィスとの相性や保守サービスにも配慮して、賢い選択をしたいものですね。

富士ゼロックスの複合機のポイント

プリンター
数ある複合機メーカーのうちでも、高いシェアを持つ富士ゼロックス。「複合機といえばゼロックス」と言う人もいるほどです。富士ゼロックスの複合機の、オススメポイントをご紹介します。

まず、高い国内シェアがあります。富士ゼロックスの複合機は、国内でもリコーやキャノンと一、二を争う市場シェアを持っています。それだけ多くのユーザーに支持されているということなので、安心して使えますね。また、富士ゼロックスの複合機は故障が少ない、とよく聞きます。これがユーザーの信頼を勝ち取り、高いシェアを誇っている理由なのでしょう。文書管理システムとの連携ができるのも、ゼロックス製品の魅力です。手軽に高度な文書管理が可能な「DocuWorks」や、ウェブにも対応した「DocuShare」など、複合機を単なる印刷機械に終わらせないソリューションが、ゼロックスには用意されています。

サービスエンジニアによる保守サービスだけでなく、富士ゼロックスでは、サービス拠点から、設置した複合機を遠隔で監視してくれるサービスを提供しています。トラブルが発生した時に迅速に対応してくれるだけでなく、消耗品がなくなりそうな時には自動で配布してくれます。複合機は機能だけでなく保守サービスやシステム連携など、総合的に考えて賢い選択をしたいものです。

複合機は購入すべき?リースすべき?

ピンクと緑と紫
最近、プリンターなど安くなってきていますが、まだまだ値段が高い複合機。どんどん高機能に、便利になってはいますが、費用のことを考えると、リースにするか購入するかは悩みどころ。複合機を購入するべきか、リースするべきか、その判断ポイントについて考えてみました。

リースの良いところは、自社の資産ではない、という点です。所有権はあくまでリース会社にありますので、自社の固定資産にはなりません。月額の使用料も経費として計上できますから、税制上も面倒がありません。それにレンタル契約とは違い、契約した時点での最新機種を選べますから、業務に支障も生じません。特別な使い方をしなかったり、基本的な機能のみ使えれば良い場合には、賢い選択です。ただ、リース契約ですと、契約期間の問題があります。基本的に、リース契約期間中の契約解除はできません。例えばスポット的に使いたい場合や、事業展開が読みにくい場合にはちょっと面倒かもしれません。

また、契約期間中に、他の新機種の新しい機能を使ってみたくなった時も不便ですね。購入する場合は、オプションも含めると、それなりの費用になりますが、何と言っても所有権が自社にある、というところがいいところです。それに、契約期間の制約がないので、新しい機能を搭載した最新機種に、いつでも乗り換えることができます。ほぼ機能的には成熟したと言ってもいいデジタル複合機ですが、最近はスマホやその他のIT技術の進歩は目覚ましいものがあります。新技術に次々と対応していく最新機種を使ってみたい、という期待もあるのではないでしょうか。

複合機を購入するか、リースにするかのポイントは、自社の資産として考えるか否か、というところが重要です。

▲ ページトップへ