複合機の買い替え時
2017.03.10

CMYK日々オフィスで重要な役割を果たしている複合機ですが、ある日突然、寿命で動かなくなってしまったら業務に支障をきたしてしまいます。その前に、次の複合機を準備しておかなければなりません。複合機はどれくらいの時期に買い替えるべきものなのでしょうか。

複合機の寿命は、機種や使用頻度にもよって変わってきます。富士ゼロックスの複合機の場合だと、10万~300万ページ(A4)もしくは5年の早い方というのが、だいたいの寿命の目安です。今使っている複合機が4年目に入ったあたりでメーカーに相談することをおすすめします。

複合機の壊れる原因は、内部の部品の消耗・劣化、ゴム製品などの経年劣化などが多いです。劣化や寿命と言っても、普段の使い方やメンテナンスをきちんとしているかによっても変わってきます。そういったことを怠っていると、寿命を早めてしまう原因にもなります。常日頃から、定期交換部品を時期ごとに交換したり、おかしいなと思ったことがあったら、アフターサービスに相談したりしていただくことも有効になってきます。

富士ゼロックスは、サービス面が非常に好評です。迅速・丁寧な対応に、担当者がそれぞれ専門性の高い知識を持っています。また、会社の歴史が長いためノウハウも豊富で、的確な対応を実現しています。会社で必需品の複合機に関して、つねに相談できる相手がいることはとても安心ですね。買い替えのときも同様です。複合機の専門知識だけでなく、自身の会社のことも理解してくれているメーカー担当者さんがいたら、会社の需要にピッタリの複合機を購入することも可能になってきます。

また、時代によってIT機器もどんどんと新しくて便利なものも出てきます。それにより、複合機にも新しい機能がついたものが販売されていきます。新製品の複合機の情報とともに、それらの情報も入ってくることになります。なんでもかんでも新しいものにするのではなく、会社にとって必要なもの必要ではないもの、時代に合わせた方がいいもの、会社の従来のやり方を続けた方がいいもの、それぞれの会社によっても事業によっても変わってきます。

自分の会社に本当に必要なものは何なのか、残していかなければいけないものは何なのか、考えなければいけないときに、複合機の視点から相談できるプロがいると、1人で調べて考えるよりも、参考にできる有益な意見が聞けることもあります。オフィス全体の見直しを、複合機の買い替えがきっかけで行うこともできます。ぜひ、富士ゼロックスを頼ってみてください。

▲ ページトップへ