複合機と一緒に抑えたいオフィス用品
2017.03.10

プリンターいままでプリンタ、スキャナ、コピー機などは個別に使っていたが、今回複合機を購入もしくはリースすることになった。予算に限りはあるけれど毎日快適に仕事をする為にも、複合機と一緒に押さえたいオフィス用品を過不足なく用意したい。そんな時、なにを選べば良いでしょうか?

まず、複合機を使用する際必ず必要なものから上げていきましょう。用紙です。これは必須ですね。コピー機として使う場合にもプリンタとして使用する場合にも用紙がなければ始まりません。オフィスでもっともよく使うのはA4用紙ですが、例えば壁に張り出すグラフならばA3以上の大きさの方が良いですよね。また印刷業界やデザイン業界の関係者でもない限り用紙の種類や厚さを気にする人はいないと思いますが、使用できる用紙は機種により決まっています。例えば富士ゼロックスのコンパクトなタイプの複合機ならば、60~256 g/㎡の厚さ。安いから買ったのに使えない用紙で、気にせず使っていくうちに複合機に紙詰まりなどの不具合が起きるようになった。なんてことにならないように、購入時にはよく確認しましょう。

次にトナー。これも必須です。複合機をリース契約にしているならば、保守契約の中にトナー交換も含まれていますからトナーを常備している必要はありませんが、購入するのであれば常時一本以上は備蓄しておきましょう。家庭用のインクジェットプリンターのインクならばコンビニでも売られていることが多いですが、シェアの高い富士ゼロックスの複合機用であっても、トナーを常時在庫している店はあまり多くありません。そしてトナーがなければプリントも、コピーしたものを印刷することはできません。

複合機で必須のオフィス用品は用紙とトナーの二つですが、他にも押さえておきたいオフィス用品はあります。複合機やコピー機は、精密機械です。にもかかわらず、静電気などにより埃が吸着しやすい機会でもあります。常にストレスなく使用する為にも、定期的な清掃しましょう。複合機の筐体やコピー部分のガラス面は固く絞った柔らかい布で拭けば十分なのですが、クリーニングクロスやパソコン用のウェットティッシュなどがあればより簡単に安全に掃除ができます。リース契約をしているならば、保守点検の際に清掃もしてくれるかもしれませんが、普段こまめに掃除しておけば、ちょっとした紙詰まりや印刷のかすれなどを防ぐことができます。そしてこれらのオフィス用品をひとつひとつ揃えるには手間ですし、管理も面倒です。そんな時は、複合機を購入した販売店やリース会社に相談してみましょう。一括して依頼すれば保守点検時に持って来てもらうなど手間が省け、その分本来の業務に注力することができます。

▲ ページトップへ